あなたにとってのヨガとは?

ヨガをする人にとっていろんな目的があると思いますが、あなたにとってのヨガとは・・?

ダイエット、シェイプアップ、美容と健康のためという理由が多いと思います。

これまで、ヨガ前の30分を使ってミニ哲学でも紹介しましたが、美容と健康のためのヨガと思っていた方が多かったようで、へー!ほー!という感心の声が続いたのが印象的です。エクササイズ中心のヨガは、1960~70年代にインドから欧米に伝わりましたが、宗教の違う欧米へは、気軽にできるエクササイズのひとつとして受け入れられやすかったのでしょう。やがてブームに乗り、日本にもやってきました。

でも、ヨガを深めていくにつれ、本当にそれだけなのかな?と思うようになる人が多いようです。では、本場インドではどんなものなのか探ってみましょう。

5000年の歴史を持つ古代インドの経典「ヨーガスートラ」の最初の言葉はこんな風に始まります。


ヨーガハ チッタ(心の) ヴルッティ(心の動き) ニローダハ(収めることです)

(yogaha chitta vritti nirodaha)

ヨガとは、心の動きを静かに収めることです。


んー、なんだか漠然としてますね。

頭の雑音を沈めて、真実と本当の自分を見据えること。つまり、自分を知ることです。考えを無理に押し殺すことでなく、常に揺れ動く心を上手にコントロールできるようになること。

では、どうやって頭の雑音を止めるのでしょうか?

まず静かに目を閉じてゆっくり呼吸に集中すると、だんだんと波打っていた心に出遭います。その心の動きはどこから来ているのか?に気づいてみるとその波がだんだんと静かになっていくのがわかります。

じゃあ、どうしてヨガのポーズを取るの?

それは、集中力を高めるためです。身体を動かしながらアーサナ(ポーズ)を取り続けていると、身体を上手にコントロールできるようになります。身体がコントロールできないのは、心の動きも関係しています。それに気付けるようになると、徐々に心と身体の両方を操れるようになるというわけです。

簡単に言うとそんなニュアンスですが、詳しくはまたワークショップで紹介したいと思います。

api yoga

ヨガと食と旅。 レッスン・ワークショップ・旅の情報と 日常の「ヨガ」を綴っています。