ヨガにより研ぎ澄まされたもの

ヨガを始めてからというもの、自然の偉大さやありがたさに敏感になって来ています。

私たちの身の上に何が起ころうともそこにいて見守ってくれている木々や植物、機嫌の良い日、悪い日もある空。季節の良い休日は公園まで散歩して自然のパワーをもらったりしています。しかし、冬の間は寒いこともあって、なかなか外出する気さえも起きません。。。

東洋医学やインドのアーユルヴェーダの教えによると、それも自然なことなのだそうです。無理に寒いところへ行って活発に動く必要はなく、暖かいところでのんびり過ごしてもよいとのこと。ということで、無理にダイエットや運動不足解消をすることないのです。ふぅ~っ、なんだか、少し気が楽になりましたね 笑

それともうひとつ、敏感になってきたとと言えば、霊感。霊を見れるようになったとかではなく、なんとなく周りに流ける「気」とか「勘」が働くようになってきたように思えます。それは潜在的に頭の中で分かっていて、あーやっぱりね、と思うことがしばしば。人が多く集まる場所に長く居ると、蓄積された自分と人々の「思い」や「念」、ストレスなどが肩にどっしり乗っかって来ているような感じがして、少し具合が悪くなりそうな時があります。

疲れてきて、ついネガティブなことを思うと、それに便乗して同じ波長の霊が肩のあたりに来ちゃっている感じがしてならないのです。

オーラの本でも読んだことがあるのですが、人の持っているエネルギーは感情や思いによって常に変化していて、それは近くにいる人にも伝わるらしいです。ポジティブな感情であれば、ほんわかしたオーラ、怒っていれば、攻撃的なオーラを発しているようです。きっと感じているのは霊ではなく、そのオーラなのかもしれません。言葉を発しないからと言って、ネガティブな感情を抱いては心身共に健康でいられないということなのですね。

ストレスフルな日、ついていない日があっても、今夜もご飯を食べられて、暖かいお布団で寝れて幸せ!と思うようにして心をリセットしてすっきりした気分で朝を迎えたいものです。


api yoga

最新のヨガワークショップやコラボイベント情報、海外でのヨガに関することを発信!!